NEWS

Newsニュース

道合さくらの杜 EPA介護士の記事が読売新聞に掲載されました。

2019.12.26

MEDIA

道合さくらの杜 EPA介護士アイリーンの記事が、12月15火発売の読売新聞朝刊に掲載されました。

(以下記事)
『去年12月から特別養護老人ホームで働いています。
母国で大学を卒業後、看護師として2年間勤めました。
フィリピンにとどまるか、国外で働くか悩みました。
当初は欧州を考えましたが、渡航までにかかる時間や費用の節約から、日本を選びました。
妹の学費を援助しているので、給料の高さは魅力的でした。
利用者の中には、認知症の方もいらっしゃいます。
日本語は難しく、認知症の方をお世話した経験もなかったので、最初は大変でした。世話されるのが好きではない方もいて、
「大丈夫」「自分でできる」とおっしゃいます。
先輩のまねをして、色々試してみましたがうまくいかず、母に電話した時に泣いてしまいました。
ある日、お手洗いまで付き添うと、その方が「ありがとう」といってくださいました。
今度はうれしさで涙ができました。
その方の笑顔が、私の頑張る力になっています。
介護福祉士の国家試験合格を目指し、日本語学校で勉強しています。

アイリーン・サルミエント
介護職員、埼玉県在住』

道合さくらの杜 HPはこちら